2013年12月27日金曜日

ADOCの論文が載りました。

Clip to Evernote
11ヶ月の可愛い盛りの三女が、家族皆から多大なる愛情を注がれてますが、本人まさかの食べ物にしか興味が無いというtomori家です。どんなに食べてもテーブルに食べ物が乗ってる限り泣いて懇願されます。しかも現在ロタウイルスに感染しているので、オムツ替えの頻度も多く大変苦痛にございます。可愛いばかりじゃないんですよ。子育ては。




さて,クリスマスにアクセプトされた論文のPDFが届きました.僕にとっては最高のプレゼントです.Pubmedでもさっそくアップされています.

内容は,ADOCで大切な作業を一つ選ぶという使い方において,使用できるカットオフはMMSEで8点ですよ、というものです.認知症の方に使っていただきたいですね。

データ収集に協力いただいた作業療法士のみなさま,クライエントのみなさまへ,心から感謝申し上げます.また,ご指導いただいた先生方にも感謝申し上げます.


論文って、しかも英語とかだと、科学的で客観的→すなわちカッコいい、というイメージありますが、これが泥臭いもんですよ。

Clinical rehabiltationの24時間以内の一発リジェクトにもめげずに、色々門を叩き、やっと査読に回ったら返事が遅く、何度も催促してたら、山のような査読コメントかつ英語意味わがんねーしという胸を突き刺すような内容もあり、根拠もなく3週間でやっからよ!とeditorへ返信し、一つ一つ丁寧に回答して、英文校正に出したら何度も修正できるはずだったのにまさかの一回目よりお金取られ、事務処理などを済ませ、再投稿した結果、ようやくアクセプトなんです。まぁ粘り勝ちです。


ADOC project 関連の業績も少しずつ増えてきました.本当にプロジェクトメンバーのみなさんのおかげです.ここ数年、確かに皆さんと一緒に僕も成長できたと思います。

しかし、変に成長とかしてしまうと今まで見えなかった景色が見えて来るもんで、ほんとにすごい人たちって山ほどいるんですよね。僕も努力が全然足りないなぁと焦燥感に苛まれることは多々あります。底辺の僕はもう何年もこのループでここまでやってきましたが、流石にONE PIECEのようにはいかないので、僕は自分のことより皆のために、欲張らず一つ一つを確実に、努力よりもリラックス、そして楽しんで!をモットーに切り替えて、これから進んで行こうと思っています。


最後まで読んでくださり、ありがとうございます。




5 件のコメント:

  1. このコメントはブログの管理者によって削除されました。

    返信削除
  2. 英文校正・翻訳サービスUni-editと申します。

    http://www.uni-edit.net/

    よろしければご参照ください。

    ご好評の「英語論文執筆のヒント」も無料で発行させていただいております。

    返信削除
  3. 英文校正・翻訳サービスUni-editと申します。

    http://www.uni-edit.net/

    よろしければご参照ください。

    ご好評の「英語論文執筆のヒント」も無料で発行させていただいております。

    返信削除
  4. 英文校正・翻訳サービスUni-editと申します。

    http://www.uni-edit.net/

    よろしければご参照ください。

    ご好評の「英語論文執筆のヒント」も無料で発行させていただいております。

    返信削除
  5. 英文校正・翻訳サービスUni-editと申します。

    http://www.uni-edit.net/

    よろしければご参照ください。

    ご好評の「英語論文執筆のヒント」も無料で発行させていただいております。

    返信削除

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...